本文へスキップ

中高年から学べる通信講座をご紹介

中高年から学ぶ通信講座

ファイナンシャルプランナーの通信講座

ファイナンシャルプランナーの資格について

今後の高齢化社会に向けてますます必要とされる国家資格に「ファイナンシャルプランナー(FP)」があります。長い老後をどのように生活していったら良いかわからず、不安を抱えている人が多く、専門家のアドバイスが求められているからです。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、顧客の現在の収入や貯蓄、金融資産などの情報収集と分析を行い、長期的な視野から今後の貯蓄や投資のプランを立て、助言や提案を行うことです。
将来の生活は年金収入だけで賄えるのか、住宅ローンやリフォーム資金はどうするか、保険や税金対策、相続対策などを的確に助言できるファイナンシャルプランナーの存在は、今後ますます脚光を浴びてくるでしょう。

中高年からファイナンシャルプランナーの資格を取得するには、通信講座で学んだ後に資格試験にチャレンジし、合格することにより効率的に取得することができます。
厚生労働省が認定する国家資格は「2級FP技能士」ですが、「AFP」は日本FP協会が認定する資格になっています。

ファイナンシャルプランナーの通信講座の多くは、「FP3級試験」に合格していなくても、「AFP」と「FP2級技能検定」を受けられるようになっています。

ファイナンシャルプランナーとして独立を目指す中高年の方は、早めに「FP技能士」の資格を取得しておき、銀行や証券会社、保険会社、金融関係の企業などに再就職して実力をつけ、人脈を広げておけば、さらに有利に独立開業することができます。


スポンサーリンク


ファイナンシャルプランナー(FP)の通信講座

ユーキャンなど、大手の「ファイナンシャルプランナー(FP)通信講座」は、イラストやグラフを使用して理解しやすいように編集されており、サポートも充実しているため、はじめてファイナンシャルプランナーの通信講座を受講する方でも、短期間での合格がねらえます。

「総合資格ナビ」からは、全国の資格通信講座、通学講座の検索ができ、無料の資料請求ができます。ユーキャンのほか、大手の通信講座・スクールから格安講座まで網羅されているため、気になる講座の資料を一括で取り寄せて比較検討することができます。

⇒ 資格を取るなら!総合資格ナビ


【独立を目指すための通信講座・MENU】
 行政書士
 中小企業診断士
 社会保険労務士
 マンション管理士
 宅地建物取引主任者
 第二種電気工事士


スポンサーリンク