本文へスキップ

中高年から学べる通信講座をご紹介

中高年から学ぶ通信講座

行政書士の通信講座

行政書士の資格について

「行政書士」は、男性、女性問わず大変人気のある国家資格となっています。年齢、性別、学歴などに関係なく誰でも受験でき、比較的短期間で取得可能なため、中高年から勉強を始めて資格を取得する人も増えています。

行政書士の主な業務は、官公署へ提出する各種許認可書類や届出書類を作成したり、代理人として提出したりする事で、 通称「代書屋」と言われています。

行政書士の資格取得後は、行政事務所や法律事務所などに勤務して経験を積み、定年後は自宅で事務所を構え、独立・開業するというケースも増えています。
独立後の行政書士の収入は、年収500万円以下の人が全体の75%を占めていますが、1000万円以上の人が10%、年収5000万円以上という行政書士の方もおり、努力次第で高収入を得ることができるのも大きな魅力となっています。

行政書士の資格を取得するには、独学でも可能ですが通信講座を利用することにより、短期間に効率よく取得することができます。
行政書士試験の合格率は約7%前後ですが、試験内容は一部に記述式の問題があるものの、殆どは選択肢から選んで行くという択一式なので、通信講座で学び、実力をつけて行けば決して難しくはありません。

通信講座では、難しい法律用語をいかに効率良く覚えるかがカギになりますので、テキストがしっかりとしたものを選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク


ユーキャンの行政書士・通信講座

効率的に行政書士の国家資格を取得したいという中高年の方には、「ユーキャンの行政書士の通信講座」がおすすめです。

テキストは、マンガやイラストを用い、難しい法律用語もやさしく解説されているので、初めて行政書士の資格試験にチャレンジする方にも理解しやすくなっています。
ユーキャンの「行政書士通信講座」の詳しい案内資料(無料)は、公式サイトから請求できます。
⇒ http://www.u-can.co.jp/

「ユーキャン楽天市場店」からも、各種通信講座の申し込みができます。
  


「総合資格ナビ」からは、全国の資格通信講座、通学講座の検索ができ、無料の資料請求ができます。ユーキャンなどの大手の通信講座やスクールから格安講座まで網羅されているため、気になる講座の資料を取り寄せて比較検討することができます。
⇒ 資格を取るなら!総合資格ナビ



【独立を目指すための通信講座・MENU】
 ファイナンシャルプランナー
 中小企業診断士
 社会保険労務士
 マンション管理士
 宅地建物取引主任者
 第二種電気工事士



スポンサーリンク