本文へスキップ

中高年から学べる通信講座をご紹介

中高年から学ぶ通信講座

マンション管理士の通信講座

マンション管理士の資格について

「マンション管理士」は、マンションの良好な居住環境の確保を目的に2000年12月1日に成立、2001年8月1日に施行した、比較的新しい国家資格です。
2011年には建築後30年を超える老朽マンションが100万戸を上回るため、このようなマンションのリフォームや建て替えに関する諸問題に対応するための専門家が必要であることから設立されました。

「マンション管理士」の資格試験は、20代~60代と、国家資格としては幅広い年齢層の人が受験しています。
年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できますが、マンション管理士の合格率は8%前後となっており、かなりの難関資格です。

そのため、中高年の方がマンション管理士の国家資格を目指す場合、通信講座などを利用してポイントをおさえた効率の良い学習法が合格の近道になります。
マンション管理士の試験は、記述や論文はなく全てマークシート方式のため、効率良く覚えることができるような工夫がなされている通信講座を選ぶことが大切です。

マンション管理士の試験合格後は、マンション管理コンサルタントとして独立開業する事が可能ですが、建築士や宅地建物取引主任者、管理業務主任者等の資格も併せて取得していると有利です。


スポンサーリンク


ユーキャンのマンション管理士・管理業務主任者 通信講座

ユーキャンの「マンション管理士・管理業務主任者」の通信講座では、住民の立場に立ってトラブルを解決したりアドバイスを行う「マンション管理士」と、マンション管理会社で活躍することができる「管理業務主任者」の2つの国家資格を同時に狙うことができます。

テキストは、イラストや図表を多用したり、専門用語をかみ砕いて解説するなど、わかりやすく学べる工夫がされています。
また、過去問題集や本試験対策セレクト法令集、ガイドブックなどの副教材も充実しています。

講座の案内資料(無料)は、ユーキャンの公式サイトから取り寄せ可能です。
⇒ http://www.u-can.co.jp/

「ユーキャン楽天市場店」からも、各種通信講座の申し込みができます。
  


「総合資格ナビ」からは、全国の資格通信講座・通学講座の検索ができ、無料の資料請求ができます。ユーキャンなど大手の通信講座から格安講座まで網羅されているため、気になる講座の資料を一括で取り寄せて比較検討することができます。
⇒ 資格を取るなら!総合資格ナビ



【独立を目指すための通信講座・MENU】
 ファイナンシャルプランナー
 行政書士
 中小企業診断士
 社会保険労務士
 宅地建物取引主任者
 第二種電気工事士



スポンサーリンク