HOME > 衛生管理者
head_img_slim

衛生管理者の通信講座

【衛生管理者の資格について】
衛生管理者は、安全で快適な職場環境を維持して行くための総務・労務のスペシャリストです。

危険な箇所はないかどうか、照明や換気はどうかなどの職場環境のチェックや改善を行ったり、従業員に労働衛生面の教育を行ったり、健康診断を実施したりすることが主な業務となります。

50人以上の従業員を使用している事業所ではこの「衛生管理者」を1人以上置くことが労働安全衛生法により義務づけられていますが、資格取得者の絶対数が不足しているため、必ずしも置いていない企業も多くなっています。

そのため、企業の総務・労務部門を担当している中高年の方は「衛生管理者」の資格を取得することにより昇進や昇給の可能性が高くなり、場合によっては管理職への道も開かれます。また、有資格者が不足しているため、中高年からの転職や再就職にも有利になります。

※衛生管理者の資格試験は年齢に関係なく受験することができますが、一定の実務経験が必要になります。大卒の場合は1年以上、高卒の場合は3年以上、学歴に関係なく10年以上、労働衛生に関する一定の実務経験が必要となっています。

衛生管理者の通信講座を受講する場合は、まず受験資格に該当するかどうかを確認しておきましょう。

また衛生管理者には、全ての業種に対応している「第一種」と一部扱えない業種のある「第二種」がありますが、昇進や転職・再就職に役立てるには「第一種」がおすすめです。

 

ユーキャンの衛生管理者・通信講座

ユーキャンの「衛生管理者」通信講座では、過去5年以上の試験問題を詳細に分析し、出題頻度を3段階に分けたテキストを使用しています。

イラストや図解で初めての人にもわかりやすく、一日の学習時間は30~60分程度で、効率的に理解できるように編集されています。

また、受験直前対策として「重要ポイント総まとめ」や、本試験レベルの「合格問題集」 も教材に含まれており、自然に実践力が養われるようになっています。

「第一種コース」の標準学習期間は6ヵ月、「第二種コース」は4ヵ月となっています。

◆ユーキャンの「衛生管理者通信講座」は、「ユーキャン楽天市場店」から申し込むと、楽天ポイントが付きます。(一括払いのほか、分割払いにも対応しています。)

 


ページトップに戻る