HOME > 福祉住環境コーディネーター
head_img_slim

福祉住環境コーディネーターの通信講座

【福祉住環境コーディネーターの資格について】
福祉住環境コーディネーターは、1995年に作られた比較的新しい民間資格ですが、今後の高齢化社会の中では、非常に重要な役割を果たしてして行く資格とされています。

福祉住環境コーディネーターの主な業務は、高齢者や障害者にとって快適な住環境を提案して行く中で、バリアフリーの住宅のアドバイスや介護保険制度を利用した住宅改修費の申請をするための「理由書」を作成したりすることです。

活躍の場は、介護老人保険施設、病院、老人ホーム、介護施設、各種福祉施設、建築設計事務所、工務店、住宅設備メーカー、リフォーム業界、福祉用具メーカー、行政公共施設など広範囲にわたっており、中高年からの転職・再就職を目指す方にとっても有利な資格となっています。

この福祉住環境コーディネーターの資格は年齢や学歴、性別に関係なく誰でも取得できますで、中高年からの資格取得も比較的容易です。

1級、2級、3級と分かれていますが、転職や再就職に生かすためには、2級以上の取得がおすすめです。また、他の介護関連資格と合わせて取得する事により、さらに有利になります。

 

ユーキャンの福祉住環境コーディネーター・通信講座

ユーキャンの「福祉住環境コーディネーター通信講座」は、2級・3級両方に対応しているため、受講期間のわずか6ヶ月でダブル合格を目指すことが可能です。

読みやすく工夫されたテキストは、試験に出やすいポイントを絞り込んであるので、負担を感じることなく学習を進めて行くことができます。

また、実際に改修した住宅の実例や代表的な福祉用具の使い方などを紹介したDVDが教材に含まれているため、映像を見ながら重要なポイントを学ぶことができます。

◆ユーキャンの「福祉住環境コーディネーター(2・3級)通信講座」は、「ユーキャン楽天市場店」から申し込むと、楽天ポイントが付きます。(一括払いのほか、分割払いにも対応しています。)




◆「シカトル」は、介護・福祉・医療・癒し系に特化した資格情報サイトです。
複数の通信講座や通学講座の案内資料を、無料で一括請求することができます。

 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 


ページトップに戻る