HOME > 介護事務
head_img_slim

介護事務の通信講座

【介護事務の資格について】
介護・福祉関連の仕事を目指す中高年の方にとって、「介護事務」は取り組みやすい資格のひとつです。介護関連の資格は実務経験が必要なものが多くなっていますが、「介護事務」の資格を取得するにあたって実務経験や学歴は必要なく、誰でも受験することが可能だからです。

介護事務の業務は、「介護報酬請求業務」を中心に、 ケアマネジャーのサポートや、書類作成、他事業所との連絡業務や電話応対など、デスクワークが中心になります。

現在、全国的に増加傾向の訪問介護ステーション、老人保健施設、介護保険施設、在宅介護支援センター、各病院などでこの介護事務の資格取得者が求められていますが、この資格は全国共通のものであるため、どこにいても仕事を探せるというメリットがあります。

介護事務の資格には、(財)日本医療教育財団が認定する「ケアクラーク」、㈱技能認定振興協会が認定する「介護事務管理士」、NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が認定する「介護事務実務士」など、いくつかの種類があります。

 

ユーキャンの介護事務通信講座

ユーキャンの介護事務通信講座は、わずか4ヶ月で介護事務のスキルを学ぶことができます。介護の知識がまったくない方でもテキストに従って学習を進めて行けば、短期間で資格試験の合格力をつけることができるため、非常に人気の高い講座となっています。

イラストや図解が豊富なテキストに加え、難しい介護保険制度の全体像がひと目でわかる「介護保険MAP」が受講者に好評です。

また、ユーキャンの介護事務講座の受講生は、受講期間中に実施される「介護事務管理士(R)技能認定試験」を自宅で受験することが可能となっています。さらにこの試験は、テキストを見ながら解答することができるので、暗記をする必要はありません。

◆ユーキャンの「介護事務通信講座」は、「ユーキャン楽天市場店」から申し込むと、楽天ポイントが付きます。(一括払いのほか、分割払いにも対応しています。)




◆「シカトル」は、介護・福祉・医療・癒し系に特化した資格情報サイトです。
複数の通信講座や通学講座の案内資料を、無料で一括請求することができます。

 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

 


ページトップに戻る