本文へスキップ

中高年から学べる通信講座をご紹介

中高年から学ぶ通信講座

福祉・介護関連の通信講座

高齢化社会に対応した資格取得を目指すなら・・・

福祉・介護関連の分野に興味のある中高年の方におすすめの通信講座のご案内です。福祉・介護関連業界は、慢性的な人手不足のため通信講座で得た知識は、転職や再就職またはボランティアなどに役立てることができます。

福祉・介護関連の求人は常に行われており、一般に年齢制限もあまり厳しくありません。また、フルタイムやパートタイム、アルバイトなど都合に合わせて多様な働き方を選ぶことができます。しかし、離職率が多いのもこの分野の特徴なので、通信講座で学ぶにしても無理のない働き方のできるものを選ぶようにしましょう。

福祉・介護関連の通信講座 MENU

ケアマネージャー
福祉・介護関連の中でもケアマネージャー(略称ケアマネ)は、非常に専門性の高いやりがいのある仕事です。ケアマネージャーは「介護支援専門員」とも呼ばれている国家資格ですが、介護保険制度の中心的な役割を担っており、高齢化社会の中で今後ますます重要な存在となって行くものと考えられています。

介護事務
介護・福祉関連の仕事を目指す中高年の方にとって、「介護事務」は取り組みやすい資格のひとつです。介護関連の資格は実務経験が必要なものが多くなっていますが、「介護事務」の資格を取得するにあたって実務経験や学歴は必要なく、誰でも受験することが可能だからです。

福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターは、1995年に作られた比較的新しい民間資格ですが、今後の高齢化社会の中では、非常に重要な役割を果たしてして行く資格とされています。主な業務は、高齢者や障害者にとって快適な住環境を提案し、バリアフリーの住宅のアドバイスや介護保険制度を利用した住宅改修費の申請をするための「理由書」を作成することです。

サービス介助士
お客様と接するあらゆるサービス業で必要とされる資格がサービス介助士(ケアフィッター)です。この資格はNPO法人「日本ケアフィットサービス協会」が認定する民間資格で、高齢者や障害をもっている方をお客様として迎えるための介助技術を認定するものとなっています。

調剤薬局事務
現在、日本では「医薬分業」を推進しており、医療機関で診察を受けて処方箋をもとに調剤薬局で薬をもらうという体制が整いつつあります。それに伴い、ニーズが高くなっているのが「調剤薬局事務」です。


スポンサーリンク